So-net無料ブログ作成
検索選択
すたじお日記 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

改装中の店内 [すたじお日記]

021.JPG

改装中の当studio。先週、ようやく内部の壁を撤去して、二つの部屋が繋がりました。
こちらが新しい入口のドアです。(自作)

025.JPG
ドアを開けて、店内に入るとこんな感じ。おおよそ倍の広さになりました!

027.JPG
広くなったものの、モノは多く並べず、ゆったりと空間に余裕を持たせてあります。
家具のサイズや使い心地、質感などをじっくりと確かめて頂くために-。

まだまだ手を加えるべきところはいっぱいあります。毎週、毎週少しずつ作業は
進みます。いつまで経っても未完成のスペインのサグラダファミリア大聖堂のよう(?)
それが面白くて店を常にいじってる、といっても過言ではありません。

017.JPG
ベランダにクリスマスをイメージした寄せ植えを作ってみました。
今週末、11/18(日)は鬼子母神の手創り市に出店の為、お店の方はお休みとなります。
翌週25日(日)は月いちカフェの日。新しくなった店内を眺めるついで、お茶でもしにいらして下さい。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net






Owl Festival 2012’ [すたじお日記]

001.JPG

先週の11/4(日)に参加出店させて頂きました、”Owl Festival 2012’”。
仕事で来ていることを忘れてしまうくらいに、ピースフルかつ、アーシーな
素晴らしいイベントとなりました。

024.JPG
賑わうマーケット。箸作り、ジャンベのワークショップも盛況!

028.JPG
川越の自家焙煎珈琲店 Tangoさんのコーヒー屋台。 とってもいい雰囲気!

037.JPG
モンゴルのゲル(パオ)が!昔、中国でこの中に泊まったことがあります。懐かしい…。

068.JPG
夜のライブ。”Indus&Rocks” テクノを生演奏で演るというニクイ奴ら。
しかもトリオでバリテク!会場の至る所に灯された大小のキャンドルがとっても幻想的。


聞くところ、今回のこの「おおたかの森」という会場、かつては産業廃棄物の処理場、
要はゴミ捨て場だったそう。その場所に植林し、庭を作り・・・という人工的な自然のエリア
に長い時間と手間を掛けて再生したということです。
解りやすく言えば、東京湾の夢の島みたいなものですね。

「地元にこんな手つかずの自然があったとは!」と素直に最初は驚いていたのですが、
実はここは10年ほど前までは悪臭立ちこめる、ゴミとガレキの山だったということです!
ただのお祭り騒ぎではなく、身近にある自然を、そして消費のあり方、人とのつながり
を考えよう-。
そんなコンセプトを持った、野外イベントが地元で開催されたことに驚きを禁じ得ないと
同時に、またそれに参加できたことに深く感謝したいと思います。

054.JPG

モノの命を使いきる、そして愛着を持って大事に使う。
物質的ではなく、本質的な豊かさを求める暮らしへ-。
当studioもそんな新たなる消費のあり方を提案し、また提供して行けるショップでありたい
とつくづく思ったのでした。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net







終了しました [すたじお日記]

003.JPG

青梅市のオシドリ良品店さんで行われた『quiet life 陶と鉄の家具展』、
無事に終了致しました。

訊くところ、この青梅の山間部、野生の鹿やキツネ、タヌキ、山猿も出没するとのこと。
三日間通った間、そんな動物たちに会えないかな、なんて思っておりましたが、おあいにく
でした。
それよりも何よりも、何年、何十年かぶりに本当に久しぶりにお会いする方が何名も
いらっしゃって、そちらの方にドキモキ致しました。「老けたね」との言葉に苦笑するしか
ありませんでしたが…。

初めてstudio caravanの家具をご覧になられた方も多く、座ったり、触ったり、眺めたり…。
ゆったりとした時間の中、楽しんで頂けたのではないかと思います。
陶の作品と鉄でコラボしたものも、ご好評頂きました。

008.JPG

交通の便が決して良いとは言えない場所にも関わらず、ご来場頂きました皆さま
ありがとうございました。
素敵な空間を提供して頂いた、オシドリ良品店さん、そして今回の個展をお誘い
頂いた、陶芸作家の高原真理子さんにも深く感謝致します。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net










くらしのうたげ 終了 [すたじお日記]

「くらしのうたげ」無事に終了致しました。両日とも本当に沢山の方にお越し頂き、
スタッフの私はテンテコ舞いでありましたが、どうにか無事に幕を閉じることができました。

モノづくりと食と生活とアート、そして音楽・・・。
様々なジャンルの人たちが集まり、素敵な「化学反応」を起こしました。

007.JPG
〈写真〉古民家の入口。セッティングは前日からスタッフ総出で。

018.JPG
〈写真〉古民家の裏の主(?)ヤギのメイちゃん。油断すると何でも食べちゃう。

067.JPG
〈写真〉室内の畳の上では、マーケットが開かれました。関太一郎さんの陶芸作品。
     天然酵母のパン屋さん、ガラス工芸、アクセサリー、和雑貨、地ビールなどなど…。

112.JPG
〈写真〉所沢界隈の美容室やバーの看板アートを多く手掛ける”ARAYAN”の即興による
     ライブペインティング。DJの回す、ソウルミュージックに乗せて、絵がアッと言う間に完成!

118.JPG
〈写真〉大トリは南條倖司&まぁファミリー さすがの貫録。
     夜は西武園の花火が真近でドカーンと上がって、フィナーレ。皆で夜空を見上げました。


普段、自分の店や工場に籠っていたのでは、なかなか会うことができない人たちとの
出会いにワクワクしっぱなしの2日間でありました。

一からつくる
それは並大抵の努力ではありません。

「こんなのできたらいいなー、こんなのあったらなー」
という声はいっぱい聞きますが、自から思い立って、重い腰を上げて動ける人は
意外に少ないのかもしれません。
実行委員の皆さま、私を含めて、やっぱり、かなりモノ好きなのでしょうね。
この出会いに感謝したいと思います。

最後に、お暑い中、お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。


新しい看板 [すたじお日記]

2012_0818_143721-DSC_3116.JPG

通り沿いに新しい看板が完成。
見過ごして、通り過ぎる方が多かった今までですが、これからこの看板
を目印にお越し下さいませ。所沢駅方面から来ると、本郷の交差点を
越えて、すぐ左側にこの看板が見えて来ます。

今日はstudioにて、陶芸作家の方と10月に行う個展の打ち合わせ。
暑い日になりそうですが、残暑ももう少しの辛抱でしょうか-。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net





或る夏の日 [すたじお日記]

014.JPG

010.JPG

003.JPG

002.JPG

024.JPG

暑い日は冷たいものより、熱いお茶が落ち着くのです。
中国、台湾、香港と、巡っているうちにいつの間にか集った、
ちっちゃな工夫茶器で淹れる中国茶が今の時期、心を鎮めてくれます。

鉄と茶はどこか似ている?
暑い 熱い 厚い 篤い…。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net





5/20  鬼子母神・手創り市 終了 [すたじお日記]

SN3R0417.jpg

晴天に恵まれた、まさに「五月晴れ」の一日となった、今回の鬼子母神 手創り市。
そして、本当に大勢の方が、ご来場になり驚かされました。
当studioはいつもと変わりなく、鉄とジャンクと侘び、寂びと…といったいつもの
地味(滋味)なトーンで。

気に入って頂いたのにも関わらず、重い鉄製のものを電車で持ち帰るのを躊躇された方
や、ディスプレイで置いていたブロカントな雑貨を断念された方もおり、申し訳ないことを
致しました。

(手創り市はあくまでも「手づくり」がテーマなので、輸入したものや、買い付けたものは
販売してはいけないことになっているのです。)

「あの時、ディスプレイしていたアレ」とメールでお問合せ頂ければ、ご返信差し上げます。
家具の製作について、立ち話でお話させて頂いた方も同様に-。
また、お近くであれば、日曜日にご来店頂ければ、実際の家具や雑貨も手に取ってご覧に
なれますので、お気軽にどうぞ。

今度の5/27(日)は月いちのカフェの日です。
天然酵母のパン屋さん、古本、コーヒー、そして家具と雑貨と…、楽しい一日になりそうです。
どうぞお越し下さいませ。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net






4/15 鬼子母神・手創り市 終了 [すたじお日記]

SN3R0382.jpg

4/15(日)の池袋・鬼子母神の手創り市、無事終了しました。
この写真を見ると、何だかボロ市のようですが…(苦笑)

鉄とジャンクと錆びの塊りのような当studioのブース。
異彩を放っておりました。
知り合いの作家さん、パン屋さん、それに常連のお客さん、
偶然に遊びに来られていた地元の方など、楽しい出会いも
いっぱいの市でありました。

鉄の雑貨や家具は、実に重く、移動出店はかなりキツイ
ものがありますが、新たな出会いや学び、気づきも沢山あり、
やめられないものがあります。

さて、今週末22日(日)は改めて普通の営業に。
最近制作の小物類も並びます。
現在進行形で少しづつ完成しつつある、JUNKなガーデンも
遊びに来たついでに、ご覧くださいませ。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net



食と職 パンを巡って [すたじお日記]

002.JPG

25日(日)のcaravan cafe、無事終了しました。
天然酵母パンの「にじわパン」 さんのパンも全て完売。
遠くから情報を聞きつけ、お買い求めに来られた方も。

わざわざ遠くから、このパンを買いに来られた訳は実際に
食べてみて分かりました。本当にお世辞抜きで美味しい!
機械を使わない手ごねで、パンをこね、天然酵母を用いて
焼いたパンは一味もふた味も違うのです。
Blanc chienさんのパンにしかり。

ササッと手軽に安く食べられるモノが溢れかえる今の世の中。
でも、それが本当に自分が食べたくて食べているものなのか?
実は「時間が無いから、手っとり早いから、安いから」という理由
だけで、我々は胃の中に食べ物を流し込んでいるのでは…。

家具も同じ。安くて、手軽、お手頃価格… 
そういったものが本当に欲しいものなのか…?
「安いもの」に慣れ過ぎて、それが当たり前に日常化すると、実の
ところは、本物のモノを見る目や、舌さえも失われてくるのでは?

「食と職」、そんなことをパンをかじりながら、にじわパン・オーナー
のテルイ氏と語り合いました。
モノ作りをしている人との語りは、ジャンルこそ違えど、やはり
楽しく、そして深く、同じ世界を共有している感があります。

さて、ご好評頂いた「にじわパン」さんですが、今度は5/27(日)
に出店して頂けることになりました。どうぞお楽しみに!


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net



ウッドデッキ完成真近 [すたじお日記]

014.JPG

「外の通りから何の店だか分からない。」と云われております当studioですが、
ウッドデッキも、もう少しで完成真近。通り沿いのステップを上がると、家具の
ショールーム兼ショップ。その奥は家具制作の作業場になっています。

ここのデッキでノンビリお茶が飲めたら…。
春が実に待ち遠しいこの頃です。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net






前の10件 | 次の10件 すたじお日記 ブログトップ