So-net無料ブログ作成
バイヤー日記 ブログトップ
- | 次の10件

かもめ食堂に行って来た! [バイヤー日記]

372.JPG

昨日、ご来店されたお客さんとの雑談の中で、「今回、ヘルシンキで『かもめ食堂』に行って
来ましたよ。」と話していた折、「へー、『かもめ食堂』って本当にあったんですか?」と言われ
ましたので、ワタクシが先月、実際に行って来た様子などレポートしてみたいと思います。

『かもめ食堂』といえば、フィンランド・オールロケという荻上直子監督のヒット作。
この映画を観て、北欧やフィンランドに憧れた…という方も多いのではないでしょうか。
ストーリーはあってないような(すみません)、でも細やかな人間模様だとか、ちょっと切なく
なるような人間の悲喜こもごもが描かれていたり…。
また細かいところで映り込んでいる食器やカトラリー類、カフェの内装が「センスいい~」と
評判になったり、マッタリムービーなのですが、なかなか見どころありな作品です。

で、実際のお店ですが、『かもめ食堂』というのはあくまでも、映画作中の架空のカフェです。
本当の名前は"Kahavila Suomi"(カハヴィラ・スオミ)というフィンランドの家庭料理をメイン
とする大衆食堂(ビストロ)のようなカフェレストランです。

訪れた日は雨の日の平日のお昼どき。
もう、お客さんでほとんどの席が埋まっています。日本人らしき姿もチラホラ。
(お一人さまだったので多分)
僕が座った席は窓側のあの映画で「トンミ・コールネン」という日本オタクの青年がいつも
コーヒーだけ注文して座っていたあの席です。そこに座って「味噌トンカツ定食」を食べました。
サラダバー、ドリンクバー、それにデザートも付いて日本円で千円ちょっとでした。
ライスがタイ米でしたが、ボリュームがあり美味しかったです。
本来は、フィンランド料理のお店ですが、あの映画のお陰か日本人客が増え、日本語のメニュー、
日本食も少し始めたようです。男性日本人スタッフの方もいらっしゃいました。

また、このお店の周辺は個人店の雑貨屋さん、インテリアショップ、マニアックなCDショップ、
古本屋、カフェなど、個性的なショップが多く集中しているエリアで、朝から晩まで街歩きが楽しい
場所です。ヘルシンキに行かれる方は是非、行かれてみては?
細かい行き方情報、教えますよ~。


●お問合せ:info@studio-caravan.net
●トップページ:http://www.studio-caravan.net/




- | 次の10件 バイヤー日記 ブログトップ