So-net無料ブログ作成

caravan market vol.8 + Berlin markt [caravan market]

caravanvol8.jpg

お陰さまでオープン6周年を迎えたstudio caravan。
日頃のお付き合いの集大成的なイベントが恒例のcaravan market。
今回も素敵なショップやクラフトマンが沢山、工房に集まります。
同時開催の"Berlin markt"ではcaravan店主がドイツ・ベルリンを
廻って見つけてきたレアなシナジナも並びます。
GWの一日、コンフォートなひと時をどうぞお過ごし下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
caravan market vol.8

5/1(日) 10:00~16:00
・ATELIER 5・5 布小物
・Brikikka 古道具・アンティーク
・Blanc chien 天然酵母パン
・Cha-tu-cha 暮らしのモノ・多肉植物
・hase イラスト・紙小物
・Chie coffee 自家焙煎珈琲
・3552食堂 オーガニックカフェ
・そばの実カフェ sora そばの実の焼き菓子
・塩津丈洋植物研究所 ミニ盆栽・ワークショップ

5/8(日) 10:00~16:00
・石川隆児 陶磁器
・にじわパン 天然酵母パン
・コトリ工房 布小物
・Tango 自家焙煎珈琲
・n form 古道具・アンティーク
・kitokusa 植物・ワークショップ (下記 詳細参照)
・te.to.te 焼き菓子
・Chilling タイカレー

※両日とも屋内につき、雨天でも開催します。

★kitokusa のワークショップ

RIMG8272.jpeg

5/8(日) 13:00~ / 15:00~
「ガラスで眺める多肉植物 」
定員:6名 約1時間以内
参加費:2.000円 材料費も含まれています。当日、kitokusaさんまでお支払い下さい。
※予約制:メールにてお申し込み下さい。
(お名前・連絡先明記) ⇒ info@studio-caravan.net

★Berlin markt
5/1~5/8 GW中 8日間連日オープン。

今や世界地図から消えてしまった国、東ドイツ。
ベルリンと旧東エリアの郊外を巡り、レアなヴィンテージ品を見つけて来ました。
バウハウスの流れを汲む工業ランプ、映画ポスター、味のある生活雑貨など…。

FullSizeRender.jpg

当日、2500円以上お買い上げの先着の方30名様にベルリンのお土産プレゼント!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※駐車スペースは5台までです。
時間帯によっては満車となります。
東所沢駅付近のコインパーキングもご利用下さい。(徒歩10分ほど)




壁を越え 西ひがし [バイヤー日記]

かべのしゃしん.jpg

ベルリンと聞くと「ベルリンの壁」を思い浮かべる方、多いのではないでしょうか。
1990年まで、この街は東西に分断された「冷戦の縮図」のようなところでした。
街を歩いていると、こんな写真が到る所に展示されています。(上・下)

壁.JPG

こちらは仕事モードで大きな荷物をゴロゴロして歩いていますが、フト見上げると
目の前の建物の壁一面に、こんな巨大な写真があったりします。思わず、一瞬、
脚を止めずにはおれません。
「この場所にかつてこんな光景があったなんて…」
今は西も東もなく、普通に行き来していますが、これを見るにつけ、壁と分断の
記憶と共に、この街は今もあるのだということを改めて再認識させられます。
(重い始まりでしたが、このこともどうしても書いておきたくて・・・。)

さて、今回はベルリンから郊外へも足を延ばして来ました。
日帰り強行軍の買い付けでしたが、思いの他、収穫が。

agura (2).JPG
それにしてもヨーロッパのディーラーさんのディスプレイは圧巻ですね。

agura.JPG
宝の山なのか、ただのガラクタの山なのか。

agura (1).JPG
この台車ごと全部欲しい!

他にも幾つか、郊外のマーケットを廻りましたが、日本人どころかアジア人は皆無。
英語はほとんど通じません。「アルプスの少女 ハイジ」と「エロイカより愛をこめて」
でかつて学んだ(?)ドイツ語がいかんなく、発揮されました。 アー ベー ツェー…。

歩いて歩いて歩いて…そしてついにキャリーカートが壊れました。
(この後、大きな支障を来たすことに)
食事もままならないほどの勢いで歩き、やっと駅の構内で電車の待ち時間に一服。

カレーブルスト.JPG
ベルリン名物 「カレーブルスト」
カレー粉がまぶしてあるウインナーソーセージ。これを齧りながらビールを一杯。
帰りの1時間半の車中、よく眠れたこと!

西ひがしと歩き廻って、一週間で体重は2キロ減!(いつもすぐリバウンド)
そんなこんなで買付けたドイツのレアなシナジナ、是非、見に来て下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■Berlin markt
5/1(日)~5/8(日) 12:00~18:00
GW中8日間 連日オープン

今や世界地図から消えてしまった、旧東ドイツのレアな雑貨、バウハウスの流れを
汲むインダストリアルな工業ランプ、味のある生活雑貨など…。
旅するcaravanがドイツ・ベルリンで見つけてきた品々が並びます。


※5/1(日)、5/8(日)は "caravan market vol.8" 開催。(10:00~16:00)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



















ベルリンは今日も雨だった [バイヤー日記]

テレビ塔.JPG

中東系航空会社の経由便で往路23時間、復路17時間という長旅で
ようやくたどり着いたベルリン。「時間が掛かろうが、何だろうが、
落ちなければ別にいい」というノリでいつもキャリアを選ぶcaravan。
アラブ首長国連邦・アブダビ空港のトランジットルームで久々に聞いた
「夜明けのアザーン」(注)の詠唱にはグッと来ました。

さて3回目の彼の地。
何故かワタクシ毎回、ベルリン到着の日はいつもドンヨリ曇り空か小雨なのです。
今回もしかり。実に寒々しかった~。
ワルシャワシュトラーセ駅付近、”フリードリヒスハイン”というエリアがいつもの
お決まりの根城。
決まって行くスーパー、トルコ人のやっている駅の立飲み屋(Imbiss)、いかにも
東ベルリンな操車場跡、毎回廻るアンティークショップ…と全てが以前、来た時と
そのままそこにあって、実に「ただいま~」な気分なのでした。

ワルシャワ駅.jpg

宿は最低限度の設備のHOSTEL。
場所は”Boxhagener”の蚤の市が週末ひらかれる公園から目と鼻の先。
ごくごくシンプルながら、朝食付きなのがありがたい。
中高生の宿泊施設になっているようで、賑やかなこと。カフェテリアはまるで学食!

朝食.JPG

朝、買い付けに出かけ、歩き回って部屋に帰って梱包し発送する―。
その繰り返しの毎日。そんなcaravanがいつも買い付け旅に決まって
持参するのが小型ラジオ。
単調でありながら、慎重かつ気が抜けない梱包作業のお供として。
言葉は分からなくとも、懐かしい曲が不意に掛かってフト、過去へと
逡巡したり・・・。

ラジオ.jpg

ドイツ人というと、一般的に「頑固でお固くて、厳格」というイメージがありますが、
ベルリンに住む人たち関して言えば、全く別個。固定観念が突き崩されます。
(ベルリンの壁のように 笑)。
いかんせん、バス・電車がほぼ定刻通りなのには毎回、感服します。
こういうところには生真面目さを感じますね。

ジャニス.jpg

ストリートミュージシャンが多いのも、この街らしさ。
蚤の市の入り口前でジャニスの「メルセデスベンツ」を熱唱してました。
「ポルシェじゃなくてベンツが欲しいのよ♪」と熱く歌いあげる姿に思わず軽く
脚を止めて。やはりドイツ人にとっても「おベンツ」は憧れなんでしょうか?

以上、
旅はまだ続きます。


(注)アザーン…メッカに向かってお祈りをする礼拝の時を告げる放送のこと。
         聖典「クルアーン(コーラン)」とは異なる。イスラム教国では
         この放送が1日5回、モスクから大音量で流される。
         かつてシルクロードを旅したcaravanにとっては感慨深いものが。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■Berlin markt
5/1(日)~5/8(日) 12:00~18:00
GW中8日間 連日オープン

今や世界地図から消えてしまった、旧東ドイツのレアな雑貨、バウハウスの流れを
汲むインダストリアルな工業ランプ、味のある生活雑貨など…。
旅するcaravanがドイツ・ベルリンで見つけてきた品々が並びます。


※5/1(日)、5/8(日)は "caravan market vol.8" 開催。(10:00~16:00)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・