So-net無料ブログ作成
検索選択

START FROM HERE [すたじお日記]

securedownload[1].jpg

新年あけましておめでとうございます。

スタートから7年目の年を迎えました。
昨年は2回目となる家具展、caravan marketの開催、3月にはベルリンへ
買い付け、そして地元所沢航空公園での大きなマーケットの立ちあげに
関わるなど、目まぐるしいここ1、2年でありました。

多くの方と知り合い、笑顔の交感があったこと、本当に感謝の気持ちで
いっぱいです。いかんせん、イベント準備の為、本業の家具製作が疎かに
なるという否めない事実もー。

そのような反省から今一度、今年は原点に立ち返り、本腰入れて家具製作に
取り組んで行きたいと思っています。
今まで5年間、続けて来ました”caravan market”につきましては、今しばらくは
時期を見合わせたいと考えてます。

皆さんと楽しい時間を共有できる日がまたきっと近いうちに来ると思います。
願わくは1年に1回ペースでも開催したいという希望的観測です。
という訳で改めて、新年もどうぞ変わらぬご愛顧を宜しくお願い致します。

さて、年頭のご挨拶と誓いはこの辺でー。
毎年、年始始めは都内の家具屋・インテリアショップ巡りに出かけるのが恒例。
(時間さえあれば、いつも出かけているのですが)
最近の傾向でしょうか。ドアを開け、店内に入るなり、店員さんが
「いらっしゃいませ」と一言、発するなり、またその目はパソコンのモニター
画面へー。

特に接客されずに、こちらはゆっくりと見られるというものですが…。
こういうお店が最近、多い気がします。
要は「ネット販売優先」ということなのでしょう。
実店舗販売はほぼ形だけ。そういう形式となっているお店が増えているのも
確かです。事実、友人のショップも実店舗を閉め、ネット販売のみに切り替え
ているところが1軒、2軒と多くなっています。

家賃、光熱費、人件費など、経費を考えれば実店舗を継続していくことは
容易なものではありません。小studioが継続しているのは奇跡的と言っても
過言ではないでしょう。

いかんせん、studio caravanは受注生産のオーダー家具屋。
ネット上で気軽に「カートに入れる」というのが難しいものです。
ホームページで家具をオーダー頂いた方もその後、入念にメールのやり取りをし、
行き違いがないかを確認しながらの作業となります。

やはり、ここは大きな買い物。実際に足を運び、見て、触って、話を詰めて、
納得してオーダーするのが、後悔のない家具選びではないでしょうか。

「いらっしゃいませ」の一言だけで、あとはパソコンのモニターに向かう…。
ショップ巡りから見えて来た昨今のネット時代の様相。

辺鄙な場所にある店だからこそ、わざわざこの場所を目指して、ご来店される
方の思いを大切にー。
そして皆さまに愛される家具をこれからも製作できますよう努めていきたいと
思います。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。